化学洗浄処理の種類と多種多様な金属加工との関係!

酸洗いは何の為の工程か?

酸洗いとは、金属を溶接したりロウ付けや熱処理等をする事で生じる焼けやスケール、酸化被膜や不動体被膜等を、塩酸や硫酸を使って除去する作業の事です。スケールを取り除いて素材を綺麗にして行きます。すると後から行う研磨作業の手間が省けるのです。メッキやチタン等の前処理等としても酸洗いを行います。酸洗いは化学薬品で金属を洗う事です。

エッチングの加工技術とは!

エッチングとは、酸処理の一種で対象は金属です。腐食作用のある酸を含んでいる化学薬品を、利用した表面加工の技法です。エッチングの作業工程は、まず金属の表面に酸の影響を受けない防食層をつくり、加工時のイメージで防食層を取り除いて行きます。そして酸で腐食させ削って行くと、酸の腐食作用で削れた部分と、防食層により酸の腐食作用を、受けていない部分が出来上がります。それが削られてない部分です。金属の表面を加工するエッチングは、硬貨をイメージすると分かりやすいかも知れません。

酸洗いと金属加工の関係!

酸洗いは金属加工には欠かす事の出来ない工程です。酸洗いと金属加工は切り離す事は出来ません。金属加工で製造される物は、船や橋と言った巨大な物や、精巧なエンジン、更にはジュエリー等多種多様です。

酸洗いとアルカリ洗いは化学洗浄処理!

酸洗いやアルカリ洗いの事を、化学洗浄処理と言います。金属加工を行う時は化学洗浄処理をします。アルカリ洗いは、金属等をメッキ加工する時に、アルカリ溶液を使って浸します。浸す事により起こる電解によって洗浄する方法です。アルカリ洗いは、素材の表面が溶解したり変質したりして、荒れやすいのが欠点です。

酸洗いとは金属を加工した後に酸性溶液をしようして金属を洗浄することです。表面についている酸化物を落とすために使います。