妊娠率が劇的アップ!!?卵子提供プログラムについて

卵子提供プログラムと着床前診断で妊娠率の向上

女性なら多くの方が望む妊娠ですが、近年では高齢出産やまた不妊治療を受けている方も多く、妊娠が困難な状況におかれている方もいらっしゃいます。
不妊治療を行うのもひとつの手段ですが、卵子提供プログラムという妊娠方法があります。
この方法は体外受精にあたります。
提供された卵子ドナーから、ご主人の精子と体外受精し、受精卵を奥様の子宮に移植する方法です。
更に着床前診断と合わせて行うとより効果的です。
着床前診断は、体外受精で出来た受精卵を染色体や遺伝子に異常がないかどうか検査する医療技術です。これにより、着床可能で妊娠継続可能な染色体を持つ受精卵だけを子宮に戻す事によって妊娠率が上がります。

妊娠後の食生活について

妊娠をすると体力を非常に消耗します。そのため栄養管理が必要となってきます。
特に取り入れたい栄養素は葉酸と鉄です。
葉酸は、ほうれん草や豆乳に多く含まれ、鉄は赤身肉や鳥レバーなど動物性の鉄分が吸収率が良いです。
食事だけでは摂取が難しいようでしたらサプリメントを活用するのも手ですが、基本は食事で、足りない場合にサプリメントを摂取するとして補助栄養剤として活用しましょう。
普段の食生活で心がけたい食生活としては、新鮮な果物や野菜、そして食物繊維を含んだ炭水化物の摂取です。脂肪分の高いヨーグルトは毎日食べたいものです。コーヒーやカフェインは控えめに、お水を十分に飲んでください。砂糖は体に負担がかかるためメープルシロップや蜂蜜に変えましょう。タバコやアルコールは控え、消化しやすい、バランスのとれた食生活が望ましいです。

卵子提供とは、第三者が卵子を提供して夫の精子と体外受精を行い、妻の子宮に受精卵を戻して出産させるという不妊治療の一つです。