処女膜強靭症の症状とは?どんな治療法があるかを解説

処女膜強靭症の主な症状は性交時の違和感や痛み

女性には生まれつき処女膜があります。初めて性行為をした時に、この処女膜が破れるため痛みや人によっては出血があります。処女膜は、通常は薄くやわらかいため簡単に破れます。ですが、まれに生まれつき処女膜が硬く分厚い女性がいます。

処女膜が硬く分厚い処女膜強靭症の女性が、性行為をすると強い違和感や痛みを感じることが多いです。無理に行為を続けようとすると痛みのあまりに意識を失いそうになる女性もいます。痛みへの恐怖が原因で、性行為自体に肯定感が持てず、パートナーとの関係も悪化してしまうこともあります。性行為は子供を望む人には避けては通れない道であり、処女膜強靭症は非常に深刻な悩みです。

また、初めての性行為は、多くの女性が痛みや違和感を訴える為、実は処女膜強靭症であるにも関わらず、それと気がつかず我慢して性行為に及ぶ女性もいます。デリケートな部分の悩みのため、誰にも相談できずに一人で悩んでしまうことが多いようです。

処女膜強靭症の治療の近道は手術を受けること

処女膜強靭症は、処女膜切開手術を受けることで簡単に改善できます。処女膜切開手術は、美容外科や婦人科形成専門の病院で受けることができます。女性器の形成手術を行ってくれる病院では、多くの場合丁寧なカウンセリングをしてくれます。人には話せなかった悩みを聞いてもらうことで、気持ちが楽になることが期待できます。

実際の処女膜切開手術は、15分~30分程度で終了します。入院は必要なく日帰りが可能な簡単な手術です。運動や性交はしばらく控える必要があるので、医師の指示に従いましょう。

処女膜強靭症とは、生まれつき処女膜が厚く硬い状態を指します。簡単には破けないので性行為の度に痛みや出血が生じます。場合によっては痛みのあまり性行為が出来ない場合もあります。