女性特有のお悩みを解決!小陰唇の手術に適した病院を探そう!

小陰唇肥大の解消法と病院探しのポイント

小陰唇肥大は、生まれつきや出産などの原因がありますが、適切な外科手術を受けることで、女性特有のコンプレックスや、下着を履いた時など違和感を解消することができます。特に、メスを使った小陰唇肥大の手術は、婦人科や美容外科などの限られた診療科でしか受けることができないこともあり、各地の病院の症例数や、術後の仕上がりについてしっかりと把握をすることが大切です。最先端の医療設備が整っている病院では、専門的な機器を使って、術後の経過をシミュレーションできることもあり、初めて婦人科系の手術を受ける人も安心できます。また、小陰唇肥大の手術中の痛みなどが気になる場合には、麻酔の種類や方法などにこだわって通院先を選ぶのも良いでしょう。

安全性の高い小陰唇肥大の手術の方法の選び方

小陰唇肥大の手術は、方法によって患部に傷跡が残ったり、痛みなどの症状が出たりするものもあり、専門の医師と相談をして、無理なく取り組めるものを選ぶことが大切です。最近では、高周波の力を利用した特殊なメスを使った手術を導入している美容外科のクリニックが増えており、術後に抜糸の必要がないだけでなく、治療中の痛みを最小限に抑えられるというメリットがあります。また、クリニックによっては補助的に医療用レーザーが使われる場合もあり、手術の流れや術後の生活の過ごし方に関して、カウンセリングを通じてしっかりと担当の医師と話し合うことが大事です。その他、小陰唇肥大の術後の患部の状態については、患者の体質だけでなく医師の腕前にも影響を受けるため、名医のいるクリニックを早いうちから検討しておくことも大切です。

小陰唇 手術には3つの方法があります。皮膚の表面を縫う方法、皮膚の表面を溶ける糸で縫う方法(抜糸を行いません)、表面は医療用ボンドを使い、内部を縫う方法です。